ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

カスタニャッチョ ~トスカーナの栗の粉ドルチェ~

お世話になっている方へ。
お菓子づくりがお好きなあの方へ。
イタリアのお土産♪
っと思って買ってきたカスタニャッチョ。の粉♪
f0126141_1691726.jpg

これこれ栗の粉。
その方も栗の粉でお菓子づくりは初めてとのこと!
よかった♪
よろこんでもらえたと思う。

先日、
このカスタニャッチョを、その方と一緒に作らせてもらった。
日程を合わせてもらって感謝しています!!

お菓子って、私はあまり上手につくることができ・ない・
出来上がったカスタニャッチョ見せてもらいたくて。

材料:
栗の粉とオリーブオイルと塩と水。
あとはレーズンと松の実。

作り方のレシピが書いてあるんだけど、
こんなざっくりなレシピでお菓子ってできるんだろうか?
2人で準備しながら・・・ちょっと心配になる。う~。

ま!やるっきゃない!!
・・・
え~い!ってなカンジで混ぜ始める。
水を加えていくと、
薄茶色だな~という印象だった栗の粉でしたが、
みるみるその色合いはまるでマロンペースト。

"お水はだいぶ少ないけど(レシピにあるより)このくらいにしよう!"
さすが。
お菓子を作り慣れていらっしゃる。

そして、
リンゴやローズマリーノを上にのせて焼くとよい!と書いてある。
青森から紅玉を毎年送ってもらっているというそのリンゴをいただいちゃいました!
f0126141_16131798.jpg

ほんとに何から何までありがとうございます♪


焼き上がり!!
f0126141_16135799.jpg

ステキ。
イタリアのお菓子屋さんにならんでいそうデス!

さつま芋の香り!?な第1印象!
でもやっぱり栗の香りなのよね。

ずっしりと目の詰まった生地。

ほろ苦さは抜群に大人のドルチェ。
(↑アレ!?お土産だったハズなのに一緒にたべちゃってるぢゃん・)

紅玉をのせてもらっているのでほのかな酸味も一緒に味わえる!
なんてステキなんだろう。

一緒につくってくださって♪
ありがとうございました。
ピノ・グリージョとかあの辺りの白ワインを飲みたくなるナ。



そうそう。
イタリアは栗の生産量世界で5本の指に入るとか!!
北の街での秋の風物詩でもある焼き栗やさん。
あんなにたくさん出る理由だったんだ。

他にもあった!あった!
イタリアの栗もの。
f0126141_1617732.jpg

栗の蜂蜜からつくったというグラッパ。
熟成のすすんだペコリーノとかと相性がよくて好きなグラッパ。
f0126141_16183235.jpg

そして、
イタリアってデザインがすてきよね。
[PR]
by ciao-shihomi | 2011-11-22 16:35 | 料理:cucina

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります