ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

オステリアカイOsteria kaiでランチ

Che meraviglia!!
Osteria kai.

f0126141_15123207.jpg
薬院でのリ・オープンから今週末で1周年のアニヴァーサリー。
Osteria kai、大好きなイタリアンです。


薬院にきてくれてありがとう!
ランチもあけてくれるようになってありがとう!


・・・
いつも出してくださるフェラーリのグラスが1周年記念でグレードUP中でした。
2006 FERRARI Perle

f0126141_15125332.jpg
色合いも香りの複雑さも、お昼に気持ちよいスタートの1杯でした。

温度が上がるとともに豊かに香りも余韻も心地よいです。


合わせていただいた料理は、

f0126141_15164326.jpg
ウチワえびを昆布でしめて、
すこし香ばしくグリルしてくれました。

だいだいのジュレがフェラーリの黄金に近い外観と合いますね。
ステキです。

f0126141_15171058.jpg
うちわえびも昆布との絶妙なハーモニーです。
オリーブオイルはピエロパン訪問時に甲斐さんがお土産もらってきてものを、
使ってくれて、、、

スゴイレアかも。
ほんとにピュアで涼しげなオイルでした。

トマトもおいしい。


・・・
前菜をたのしんでいる間に、
ホワイトアウパラガスを扱い始めた甲斐さん。


白はヴェルデッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコを薦めてくれました。
2011 サンロレンツォ レ・オケ 

f0126141_15183709.jpg
名前の通りがちょうさんたちがいっぱいです。
やさしい造り方をしているんだろうな。


ヴェルデッキオの果皮をしっかり感じながら、
プラスなんともボリューム感のあるディスクとリッチな外観。


トロっとした液体。
若干の苦味。
春の食材とのアッビナメント。


ホタテは北海道の天然もの、、、え、天然ってあるの??
甲斐さんのたっぷり笑えるトークとともに、
天然ホタテ貝の秘密を教えてもらいました・笑

f0126141_15192372.jpg
絶妙な火加減で芯はレアで甘く、
天然ってこんな歯ごたえなのね。


と、
卵黄ソース。

カルボナーラをイメージしたソース、と甲斐さん。

確かに。
卵の選び方も火の通し方も。。。やさしいんですこのソース。

ホワイトアスパラガスとホタテが渾然一体となってじわーっと、
甘みと苦味を味わいながら、、、
ヴェルッデッキオ。

f0126141_15123207.jpg
きょうのお楽しみのワイン。

甲斐さんかっこいい☆


外観は淡い、華やかで繊細な色合いで、
ときおり光が入るとほんとにきれに輝いて。


香りは熟成が大部分を占めているわけではなく、
果実の香りもまだ残しながら品格ある面持ちは否めない。


15年の熟成感。


チャーミングというと若々しい印象ととらえられてしまいそういですが、
2つの顔を持つ感じ。


若々しさの中にひらめくようにどっしりとゆるがない落ち着いた顔をのぞかせる。
安心感。
このワインのような女性になりたい。

 

タヤリン。
写真はないのですけど、
甲斐さんのタヤリンってほんとにおいしい。


来るたびに毎度しみじみおいしくいただいていますが、
きょうはワインに合わせてくれて、
牛のラグー。


2杯目を楽しんでいる頃に、
七輪でヒレ肉を。

f0126141_15213180.jpg
と赤ワインソース。

何度も何度もジューを重ねてくれているから、
ハーモニーもいろいろ折りたたまれているというか、
折り重なっている。 

f0126141_15220477.jpg
おいしかたです。

大脳ではなく、内臓で感じるイタリアン。
体の奥底からおいしいと感じる。


Osteria kai オステリア・カイ


たまの贅沢に、
甲斐さんのピアッティを食べに行きます。


いつもありがとうございます。

 

ドルチェのガトーショコラとアイスクリーム。

f0126141_15225349.jpg
もち手作り。

デザートワインでも?とのサジェスションに、

んーでも、
なんだかまだ赤ワインが飲みたい私。

グリニョリーノとともにいただきます。


せっかくドルチェしめてくれたのに。


アレ、
また始まってしまいそう。。。になりましたけど、

 

この辺でお暇させていただきました。

 



きのうのことなのに、
まだ余韻にひたれます。








 

 

 


 


[PR]
by ciao-shihomi | 2014-03-12 15:24 | リストランテ:ristrante!! | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります