ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

丸藤酒造へ つづき

きれいなシャルドネのぶどう粒。

f0126141_16302328.jpg

熟度があがると種がみえるくらいまで透き通ってきます。
玉のように美しいです。


まもなく来年のETUDE RUBAIYAT エチュードルバイヤートのために、
収穫間近でした。

丸藤酒造といえばPetit Verdotプティ・ヴェルドーが魅力的な存在。
うわさどおりにほんとに樹勢が強いです。

f0126141_16321362.jpg
滝の前では垣根仕立てで、試験園では棚仕立て。
f0126141_16315160.jpg
スパイスのようにワインへと溶け込みその個性をだします。


今回のこころに残るソーヴィニヨン・ブランの緑の光の下で。

f0126141_16324907.jpg
f0126141_16343185.jpg
今回もいろいろ糧になるお話をきけました。
自宅での3回目のルバイヤートのワイン会のときにレポートさせていただきます。

ETUDE RUBAIYAT 2012 エチュードルバイヤートもすばらしかったです。
ワイン会用にも数本買ってきています。
f0126141_16451332.jpg
丸藤酒造訪問まで知らなかった稀少なマグナムも。

2014金賞ワインでかつスパークリングなので、
今後大使館や外交でのセレモニーで抜栓される機会も間もなくなのでは・・・
予感がします。





















[PR]
by ciao-shihomi | 2014-08-29 16:47 | ワイン:vini | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります