ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

スクの季節がやってきました





奥武島のトビイチュ(トビイカ)は夏の風物詩。
港川でもびっくりするぐらいのお手頃感とおいしさです。

f0126141_15340927.jpg



もうひとつの奥武島の夏の風物詩がスク。
旧暦の6月と7月の大潮の日に群れでやってきて、
なんと!海の色を変えるほどだそうです。

まだ小さいうちのスク漁が始まってすぐの限られた時期だけ、
スクを生でたべられます。

スクの瓶詰はおみやげやさんでも見たことあったのですが、
生でたべられるなんてーッ!
と聞いたときは、でもコレ!ばっかりは運だろうな~と思っていたのですが、
先週末が大潮できのう港川で魚屋さんへ行った帰りに、
久しぶりに奥武島へとふらっとよったら・・・
あったー!!

「生スク」の文字♪

何もかもが初めてなので聞いてみると、

沖縄の強い酢で30分くらい浸しておくと骨がやわらかくなり、
そのままたべられるとのこと。


普通のお酢ではだめとのことだったので、
こちらを一応買って帰り、
いつも使っている富士酢をCKすると酸度は4.2%。



f0126141_15485829.jpg

f0126141_15441295.jpg


一方ざまみ酢をみると、
酸度12.5%・・・
ちょっと殺人的なものを感じ、
さらに合成酢との表示から薬品的な強度を個人的に感じつつ・・・

とにかく半量づつ、ざまみ酢と富士酢で浸してみました。

30分でざまみ酢の方は骨を感じなくなり、
富士酢の方は骨を感じながら噛むのは平気なのですが、
飲み込むときにのどに異物感を感じます...




f0126141_15363715.jpg



が!
富士酢にそのまま一晩つけてみたら、
やわらかくなるじゃ~ん

てことで、
次回!?があれば富士酢でもスクのマリネできることが分かりました。

酢醤油でたべるそうですが、
(たしかにおいしそう♪)


オリーブオイルとティモでマリネ。


f0126141_15340927.jpg






白ワインとも最高です❤



●CUCINAMICAの料理教室のご案内●
イタリア料理とワインとチーズの教室~CUCINAMICA~


ワインのレッスン おふたり以上で2アイテム おひとり3000円~
お料理とワインとチーズ 5000円 → お休み中
お料理とワイン     4500円 → お休み中
お料理とチーズ     4000円 → お休み中
お料理のみ       3500円 → お休み中
ワインとチーズ     3000円 → お休み中
材料費・リチェッタ・消費税込みです。











[PR]
by ciao-shihomi | 2017-06-28 15:56 | 食材:cibi

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります