ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

カテゴリ:食材:cibi( 26 )

スクの季節がやってきました





奥武島のトビイチュ(トビイカ)は夏の風物詩。
港川でもびっくりするぐらいのお手頃感とおいしさです。

f0126141_15340927.jpg



もうひとつの奥武島の夏の風物詩がスク。
旧暦の6月と7月の大潮の日に群れでやってきて、
なんと!海の色を変えるほどだそうです。

まだ小さいうちのスク漁が始まってすぐの限られた時期だけ、
スクを生でたべられます。

スクの瓶詰はおみやげやさんでも見たことあったのですが、
生でたべられるなんてーッ!
と聞いたときは、でもコレ!ばっかりは運だろうな~と思っていたのですが、
先週末が大潮できのう港川で魚屋さんへ行った帰りに、
久しぶりに奥武島へとふらっとよったら・・・
あったー!!

「生スク」の文字♪

何もかもが初めてなので聞いてみると、

沖縄の強い酢で30分くらい浸しておくと骨がやわらかくなり、
そのままたべられるとのこと。


普通のお酢ではだめとのことだったので、
こちらを一応買って帰り、
いつも使っている富士酢をCKすると酸度は4.2%。



f0126141_15485829.jpg

f0126141_15441295.jpg


一方ざまみ酢をみると、
酸度12.5%・・・
ちょっと殺人的なものを感じ、
さらに合成酢との表示から薬品的な強度を個人的に感じつつ・・・

とにかく半量づつ、ざまみ酢と富士酢で浸してみました。

30分でざまみ酢の方は骨を感じなくなり、
富士酢の方は骨を感じながら噛むのは平気なのですが、
飲み込むときにのどに異物感を感じます...




f0126141_15363715.jpg



が!
富士酢にそのまま一晩つけてみたら、
やわらかくなるじゃ~ん

てことで、
次回!?があれば富士酢でもスクのマリネできることが分かりました。

酢醤油でたべるそうですが、
(たしかにおいしそう♪)


オリーブオイルとティモでマリネ。


f0126141_15340927.jpg






白ワインとも最高です❤



●CUCINAMICAの料理教室のご案内●
イタリア料理とワインとチーズの教室~CUCINAMICA~


ワインのレッスン おふたり以上で2アイテム おひとり3000円~
お料理とワインとチーズ 5000円 → お休み中
お料理とワイン     4500円 → お休み中
お料理とチーズ     4000円 → お休み中
お料理のみ       3500円 → お休み中
ワインとチーズ     3000円 → お休み中
材料費・リチェッタ・消費税込みです。











[PR]
by ciao-shihomi | 2017-06-28 15:56 | 食材:cibi | Comments(0)

雲南百薬 モリンガファームさんにて

うれしいことに、
こちらに来て1か月、
やっと素敵なお野菜やさんを見つけられました。
しかも結構近く❤

前回いったときにもいろいろお野菜買えてすんごいラッキー!
こころおきなくお野菜買える日々になりました。


先日いったときに、
漢方みたいな名前の葉が売っていて。

「雲南百薬」

f0126141_10023319.jpg

モリンガファームさんのおくさまに聞いてみたら、
「わかめみたいにお味噌汁や、おひたしに使ったらいいよ。」
と教えてもらった。

触ると葉には厚みがあって、
うんうんおいしそ~
はじめて食べる食材ってどきどきする~




そういえばこっち来てすぐに借りれた薬草の本にのってたかも!


f0126141_10094685.jpg

・・・あ、あった「長生百薬」と表記があって、
別名で「雲南百薬」になっていました。
こっちの本ではもっと葉が大きく撮影してあるけど、
きっと肥料のせいかな。




「雲南百薬」
いつもの食卓に。
vegeのイタリアンレシピにも使えそう♬

わくドキな1日です。


今朝は...


f0126141_10035017.jpg


こんなにきれいな朝焼けでスタートしました。


いまからこっちにきて、
初めてのA.S.I ソムリエ協会沖縄支部のセミナーへいってみます。
こちらもわくドキ~


●CUCINAMICAの料理教室のご案内●
イタリア料理とワインとチーズの教室~CUCINAMICA~


ワインのレッスン おふたり以上で2アイテム おひとり3000円~
お料理とワインとチーズ 5000円 → お休み中
お料理とワイン     4500円 → お休み中
お料理とチーズ     4000円 → お休み中
お料理のみ       3500円 → お休み中
ワインとチーズ     3000円 → お休み中
材料費・リチェッタ・消費税込みです。















[PR]
by ciao-shihomi | 2017-05-11 10:16 | 食材:cibi | Comments(0)

くすもと農園さんのコールラビ

今週で終わりでした。。。寂ぃ
くすもと農園から届くコールラビ☆

f0126141_09464974.jpg
毎週おいしく前菜やリゾットやパスタにお出しして、
おいしーッ!!と大好評でしたが、

きのうのお客さまで最後でした。

しみじみおいしい滋味深い味わいのコールラビ。

f0126141_09480001.jpg

ふだん草とグッとくる相性も最高でした。

f0126141_09484553.jpg
また収穫が巡ってくるまで♪


コールラビ。
見つけたらお料理に是非お試してくださいね。



うちカフェは3月はいっぱいになりました。
4月は20日と27日が空いています☆


うちカフェではできる限り、
お越しの方々のリクエストにお応えできるようにしております。

お子さま連れや妊婦さんも安心してお越しいただけるように心がけております。

ビーガン対応もしております。



ご予約はメールにて受け付けております。
055.gifciao.shihomi@gmail.com
3日以内にメールバックがないときは、
お手数ですがもう一度メールください。







[PR]
by ciao-shihomi | 2016-02-27 09:51 | 食材:cibi | Comments(0)

久しぶりのうちカフェ

きょうは4月初のうちカフェ。

f0126141_10132276.jpg
長男入学準備でお休みしていた、
自宅でのレッスンも先週末から再開しました。


4月分の申し込みは終わっていますが、
自宅でのレッスン5月&6月分は4月20日(月)より、
うちカフェは随時ご予約承っております♪


きょうのお客様は早めにいらっしゃるので、
ぱたぱた準備しながらも、
野菜ってやっぱりきれいだな。。。
と思いパチリ☆

f0126141_10121168.jpg

塩とオリーブオイルで、
ことこと火にかければ30分でできあがる。
うちカフェでも人気の前菜メニューです。

お申し込みはメールにて承っております。
055.gifciao.nakajima@hotmail.co.jp
3日以内にメールバックがないときは、
お手数ですがもう一度メールください。








[PR]
by ciao-shihomi | 2015-04-15 10:16 | 食材:cibi | Comments(0)

冬の山へ野草摘みへ

Questi sono erbe selbatiche di febrraio in giappone.

f0126141_11302047.jpg

きのうは山に入って、
自然の中の野草たちを摘みにいきました。

右上から時計回りに、
●おどりこ草
●はこべ
●なずな
●オオバコの新芽


寒さの中でもしかり息づいています。


きのうたくさんいただいてきたのは、

f0126141_11303113.jpg

写真は少しですけど、
奥にある紡錘形のもの。

これは漢方で麦門冬:バクモンドウ

ジャノヒゲという草の根元を掘り起こすと、
小さいおいもみたいなのがたくさんついています。


咳を鎮めてくれるそう。

咳がとまらず困っている人が多いこのごろ。
自然の力をかりていい方向にいくことを願って。。。


手前の赤い実は、
花みょうがの実です。
中の黒い種をいただきます。
腎によいそうです。



山には恵みがいっぱいです。

 



 

 


[PR]
by ciao-shihomi | 2014-02-04 11:35 | 食材:cibi | Comments(0)

小国から届きました

Bietola giapponese & marrone secco a Oguni
f0126141_16131073.jpg


 

 

夏に友人家族たちと一緒にお世話になったさこんうえの蛙さんに頼んで、
乾燥栗を送ってもらいました。

栗と一緒にさこんさんが育てたお野菜もおくって下さったのですが、
ふだん草(スイスチャード)も入っていてとてもうれしかった。


これがあるとプーリアで教えてもらった、
Bietola con patateができる。

シンプルだけどとてもおいしい。


ふだん草がないときはいろいろな季節の葉物でも十分おいしいんだけど、
やっぱりこれがあると断然ちがうのです。

明日のお客様に。。。







[PR]
by ciao-shihomi | 2013-12-19 16:16 | 食材:cibi | Comments(0)

ゆきたちな

Questa è una verdura taradizionale gipponese.
Si chiama "Yukitacina" oppure "Yukina".
la trova a yamagata solo.
f0126141_16533826.jpg

いただきものです。
すごく興味がある山形野菜。
うれしかった。

今夏みた映画 "よみがえりのレシピ" 

人が暮らす、生きる・・・なんていう言葉がぴったりなのか迷ってしまうけど、
この映画をみて、伝統野菜を守りながら山形で暮らす人たちの生き方を、
とても懐かしいと感じる思いと、
土と季節に根ざした生き方、
人が生きるという本能を研ぎ澄ませる生き方、
私もそうだけど、
もう多くの人がこの本能から離れた暮らしの中に身をおいていると思うんだけど、でも、
こんな風に生きてみたい、

と思った。


きのういただいたゆきたちな。
山形の伝統野菜の1つ。
乾燥させてあるから、これをもどしてあつかう。

茎と葉以外にもトウがたっているのがみえる。
花のつぼみ。

アブラナ科のとてもいい香り。

葉のほんのひとかけらでも、
かみしめるごとに葉の味をぎっしりと感じる。

葉からでるこの味で滋味深い煮る料理をつくってみたい。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-12-04 09:05 | 食材:cibi | Comments(0)

小国のもの

先週末は小国へ。
f0126141_857129.jpg

泊まった先の宿のかたから、
"うちの畑でとれた野菜です。。。"
ときれいな野菜たちをおみやげにいただきました。

きのうの夕食に。

こどもたちももりもりたべて。
もの足りなさそう。
f0126141_8581633.jpg

やさしいピンクの色のリゾットは、
赤玉ねぎとじゃがいもと、
いただいたイタリアンパセリ。

こちらもすぐに完食。
ほんとによく野菜をたべてくれるこどもたち。

うれしいな。

そして、
f0126141_91118.jpg

小国で出会った。。。栗の乾物。。。
いい香りなんだなぁ。
やさしい香り。

イタリアでも栗の粉があって、
ドルチェ(カスタニャッチョ)やニョッキに使う。

どうやって扱おうかな。
すっごく楽しみ。

試作するのが待ちどうしい。


10年ぶり近くの久しぶりの小国だったけど、
自給自足している家族のところや、
小国杉の山深くのリトリートセンター、
を訪れることもできたし、
新しい小国に出会えて。

また行きたいと思う。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-25 09:02 | 食材:cibi | Comments(0)

2010 生成り、(キナリ) やさしく誇り高く

お休みの今日。
とってもいいお天気で気持ちがいいー!!

先週末に入手したときから、
"ゆっくりしたときにあけよう!"・・・と、
このボトルを部屋に飾って見るたびに拝んでいました・笑♪

城くんのお醤油。
f0126141_1531085.jpg

2010 生成り(キナリ)

手に入れたときに、
次の休みの日に!!と誓って、
今日この日を待ちわびていました。

いえいえ、
2011年の年末にうらけんさんとミツル醤油さんへうかがったときに、
城くんの熱い思いをきいてからずっとこの日を待っていたんだなー、
って思い返しました。

レシピはできるだけ、
生成り
の個性をいかすために。
シンプルに。

●真だこのカルパッチョ生成りソース
f0126141_15472043.jpg

エクストラヴァージンリーブオイル:FATALONEのCRUとともに
2006シチリア滞在のときにいろんなイタリア人に、
すごくほめてもらったしょうゆとわさびとオリーズオイルのソース。
でも今回はわさびぬき。
できるだけ、
生成り、
の個性を。


●ほたての貝柱生成りにひとしずくのかぼすのソースのサラダ
f0126141_15482540.jpg

エクストラヴァージンリーブオイル:FATALONEのCRUとともに
かぼすのかおりとの酸味が
生成り、
とのハーモニーを。


●ほたての貝柱の生成りづけミルフィーユ コリアンダーを添えて
f0126141_1641493.jpg

ほたてとコリアンダーのマリアージュはmakiiの社長、
牧井さんから教えてもらっていました。
美味。
ほたての貝柱にそってヴァーティカルに生成り、が沁みこんで。
ほたての甘やかさと生成り、のやさしさ印象が絶妙。


午後のひととき。
生成り、
とまだこれから満開を待つsakuraの景色とともに。

ありがとう。




生成り、の裏ラベルを見る。
表とともにシンプルで、そして誇り高い。









城くん♪
最高です。
なんて香りなの!!思わず顔がほころびました。
(旦那に"なんでそんなににやけているの!?"って・・・結局にやけたみたい・笑)
こんな香りでいただくおしょうゆをつくるなんて。
もちろん味わいも色合いも。
絶妙です。

こんなにきれいな色合いって。
透き通っていてやさしい色。
すこしオレンジのニュアンス。糸島の夕焼け色。

こんな作品。
芸術的で。
職人技。


もうね、
どんな風に食べようかとか、
仕事しながらも、週末子どもたちと遊びながらも、
頭の中は
生成り
のことばかり☆

きのうまでにレシピはできあがっていました。
今日は実践 + いただくのみでした。

こころからありがとう。
お気に入りのうちの秘蔵の大切なエクストラヴァージンオリーブオイルみたいです。

料理の仕上げに熱を通さずにクルードのまま使う。

料理の格をあげてくれる。
ステキなアイテムです。

食卓が華やぎます。

城くんほんとにありがとーーー!!!
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-03-19 16:06 | 食材:cibi | Comments(0)

ベトナムのお土産

うかうかしていましたら、
あっという間に1ヶ月が過ぎていました。

ベトナムのお土産。
めっちゃ感動ものを3つ紹介♪
f0126141_10113699.jpg

右から
①バンブー素材カッティングボード
②ホーチミンシティー2区にあるオーガニックショップのニョクマム塩
③蓮の実(ドライ)


①バンブーものってステキ☆
とおもったのは4年前。
コンランショップの一画でみつけたけど、
とにかく高すぎです。

自分の納得いくプライスで(コンランでは買わず)着々とそろえて来ました。
今回は3アイテム目のバンブーアイテム。
made in Vietnamなのにカンパニーネームが、
なぜかネーミングがイタリアな感じで心にぐっと来ました。
MORIITALIA
produtto con passione

f0126141_10121373.jpg

直訳:モリイタリアの情熱をこめた逸品
MORIってなんだろう・・・日本人的には"森?(竹林?)"って思っちゃいますが。。。


②①のイタリアがらみがなかったら確実に今回のお土産NO.1に輝いていました☆
f0126141_10135628.jpg

ニョクマム塩。
あら塩ですが、
がりがりミルで削るタイプではなく、繊細にほぐれます。
味わいはマイルドで、
ニョクマムのエッセンスをちょっと加えたいときにスゴク重宝。

あたらしい食材との出会いってほんとに感動します。


③蓮の実
f0126141_10142782.jpg

いつもありがたい!!
ヴェトナムといえば蓮の実です!!
って言い過ぎかな...
そのくらい私にはうれしいアイテム☆

上野の忍の池にこっそりしのびこんで、
蓮の実をゲットしていたっていうヴェトナム人妻の記事を、
読んだことがありますよー。
ヴェトナム人的にも欠かせない食材なんでしょうね。

薬膳効果も見逃せない蓮の実です。

ヴェトナム好きでーす♪
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-02-19 10:16 | 食材:cibi | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります