ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モメサン キュベ サン ピエール:MOMMESSIN Cuvee  Saint Pierre

モメサン キュベ サン ピエール、このワインはモメサンの中でも
デイリーワインとしてお奨めです。
750ml 880円

ぶどう品種
   南仏で産出される、グルナッシュ・ブランやユニ・ブラン主体
香り
   白い花、黄色い果肉のフルーツ、その奥にほんのりと爽やかな柑橘のかおり
味わい
   南でとれた酸のやさしい、穏やかな口あたり
料理とのマリアージュ
   柑橘系のレモンソース、オレンジソーソースをつかった前菜

料理:「たいらぎの貝柱 オレンジソース」
    →カテゴリー料理:cucinaで紹介しています♪
モメサン:
フランスワイン大手メーカー。
もともとはブルゴーニュのマコネ地区のネゴシアン。
1932年より、
この家の家宝といえる、ブルゴーニュ特級畑、
あの偉大なる、「クロ・ド・タール」を単独所有。
[PR]
by ciao-shihomi | 2007-01-22 01:04 | ワイン:vini | Comments(4)

たいらぎの貝柱 オレンジ・ソース

シチリア風の前菜:アンティパスト

先日の「瀬戸内の風にふかれて♪」(旅行:viaggio内)
の途中、生口島で出会った八朔をつかって♪
1ネット、10個入200円だったんですッ!!

八朔1個の皮をむいて、果実をボールにいれてフォークでつぶす。
ジュースと果実のミックス状態にして、
そこに塩・胡椒で味を整えて、オイルを加えてソースにする。
これに有明産・たいらぎの貝柱、5~6個を加えてあえれば出来上がり。

有明産のたいらぎ貝柱はこぶりで、しっかりとした歯ごたえを楽しめます。
[PR]
by ciao-shihomi | 2007-01-22 00:40 | 料理:cucina | Comments(0)

カルパッチョ レモン風味のオリーブオイルで

岬さば・あじッテ??
関さば・関あじ。今となってはそのおいしさが、全国で評価されていますよね♪
関さば・関あじとは、九州と四国の間、豊後水道の九州側、
佐賀関・さがのせき(大分県大分市の東隣、大分なのに佐賀っておかしいですケド・・・)
で水揚げされた、さばとあじのこと。
佐賀・関の佐賀を省略して、"関さば・あじ"、とよばれています。
この佐賀関と豊後水道をはさんで佐田岬(愛媛県)があります。
佐田岬側(愛媛県側)でとれたさば・あじを、佐田岬の佐田を省略して、
岬さば・あじと呼んでいます。

f0126141_22485863.jpg

この海峡の潮流でもまれた、
ビチビチでおいしい岬さば・あじ、
もしくは関さば・あじ、
おいしいので、この際どちら側でとれたものでもOKです♪
と、上の写真のレモンの風味が溶けこんでいる♪オリーブオイルを使ってカルパッチョ☆
う~ん、美味しぃ~!!
このオイルを使わずとも、ふつうにレモン汁と塩とオイルで楽しのもおいしいです。
しかしッ!!
上記のオイルで食した時との違いは、レモン汁とは異なる、レモン風味・・・
いわゆる、レモンのアロマを感じることができます。
是非、レモンのアロマと、リアル・レモン汁とのちがいを比べて両方の良さを使い分けてみてみてはいかがでしょうか!!
この手の、風味付けされているオイルは最近、気軽に購入できますので、
いろいろ楽しんでみてください。
レモンの他には、ペペロンチーノやバジル、にんにくなどなどありますよ♪

これと、合わせるイタリアワインは
すっきり辛口派  
     ヴェネト州  ソアベ 
     青りんごや白い小さい花の香りが心地よいです。
アッビナメントを楽しむ派 
     サルディーニャ州 ベルメンティーノ・ディ・ガッルーラ
     ほんの少しの甘味があり、かすかな発砲を感じることがあるので、
     旨みがのった鮮魚料理と合います。
[PR]
by ciao-shihomi | 2007-01-20 22:43 | 料理:cucina | Comments(1)

九州のチーズ らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場

ヌーシャテル   
~それはハート型の白いとてもキレイでラブリーなチーズ♪~

f0126141_11574282.jpg
 
     まずは香りをかんじてみまーす。う~ん、なんてステキな!!
     みずみずしい収穫したばかりの、白いマッシュルームの香り。
     次にチーズに触れてみます。
     表面にはやさしくやわらか、そして
     美しくてデリケートな白いカビでうっすらとおおわれています。気持ちイイ。      
     チーズを切り分けると、ボディーには弾力があり、早く食したいッ!!
     はやる気持ちをおさえつつ、うっとりとそのチーズの断面をしばし見つめ・・・
     ・・・口へと運ぶ。
     ミルクのこく、うまみ、甘味が絶妙に絡み合い、1つの完全体を構成している。
     この味わいは、フランス ブレー地方本来の塩気が強いものとは対照的で、
     ミルク本来の美味しさを感じることができます。とてもおいしい♪
     ワインとともに、心酔・・・
f0126141_11541143.jpg
  
[PR]
by ciao-shihomi | 2007-01-18 12:06 | チーズ:fromaggi | Comments(0)

瀬戸内の風に吹かれて♪


福岡ー広島ー尾道ーしまなみ海道ー今治ー松山ー佐田岬ー佐賀関ー福岡

1月13日に福岡を出発してから16日にかけて、
車で巡る瀬戸内プチ☆Goー旅行にいってきました。
ところがどっこい!!プチどころか、
壮大なGo-Goー旅行となり、価値ある旅行になりました。
車での総移動距離1000km以上!!
これにフェリーでの移動を含めると・・・いったい・・・


ゾーナフォルトゥナート(広島県三原市 須波)
海を臨むレストランテ。
広島から尾道に向かう、海沿いの道路にあります。
レストランテの海側が全面ガラスなので、
景色を楽しみながらイタリアンを満喫できます。
すばらしい景色を見ながら、おいしいイタリアンでよっぱらう♪
これ、サイコー!!
まさに、Bella vita,vero?

f0126141_2319027.jpg
しまなみ街道は柑橘海道♪
オレンジやレモンがたわわに実る木々。
この景色、太陽いっぱいの南イタリアを思い出させてくれました。



橋もいいけど、渡船もいいですよ~
知ってますか?島々を渡船でわたるという手もあるんです。
尾道ー向島   160円
因島ー生島   265円
大島ー今治   980円
*車体5m未満で2人の料金
しまなみ海道の橋々の料金をご存知の方なら、渡船の格安さにびっくりでしょ!!
そのうえ、結構頻繁にでてますので、
出航の時間にあわせて、島観光をしてたのしんで、渡船でもたのしん☆チャオ!!
でも、残念なことに橋ができた為に在来航路が廃止されたそうで、
生口島ー伯方島間の渡船はできません・・・。

橋を渡りながらの瀬戸内ヴィスタをたのしむのもいいけれど、
船での移動は旅情を誘う。
海峡のハザマで海の上で佇む。
コレ、感慨深いです。
きままに1人イタリア紀行2006で、
レッジョカラブリア~シチリアに船で渡ったときのことを思い出しました。

時の流れるまま、
船上で思いに耽り、
たまに"ひたる"のもいいものですよネ。


この旅でのおすすめビューポイント
筆影山と竜王山
     広島県三原市 須波駅の近くにあります。
亀老山
     しまなみ海道の1番南の島、大島にあります。
     ここからは、しまなみ海道で最長の来島大橋と、
     その先にある、四国を眺められるビューポイントです。
四国最西端の灯台
     愛媛県から九州へ伸びる細長い岬、佐田岬をどんどん進んでくださーい。
     駐車場から灯台までは2km弱の小道を行きます。お散歩がてらいかがですか?
[PR]
by ciao-shihomi | 2007-01-17 11:45 | 旅行:viaggio | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります