ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬いちご ~furutti di bosco~

週末の休日は森あそび。

すこし寒くなってきたけど、
森の中に、ポっ、とできた陽だまりを探してはあたたまる。

知らなかったこと。
冬いちご。
f0126141_12361560.jpg

森の下生えの中に赤い実。
ひとつ見つけるとあちらこちらに!
つるを出してつながっているみたい。

こどもの目線ってスゴイ。
大人には真似できない。
f0126141_12365793.jpg

どれだけ食べちゃったろう♪
すっぱくておいしかった。
[PR]
by ciao-shihomi | 2011-11-28 11:22 | 食材:cibi | Comments(0)

イタリア製 ~italiane~

Queste sono italiane!!
f0126141_172342.jpg


一目惚れ。
molt carine♪
ベタベタなイタリア好きっって思われちゃうかもしれないけど!

il pianelloの丘から車で20分くらいだっかな。
おっきな靴のオブジェがお店の前にド~ん、ッてあった靴やさんで。
[PR]
by ciao-shihomi | 2011-11-24 17:06 | bella vita!! | Comments(0)

カスタニャッチョ ~トスカーナの栗の粉ドルチェ~

お世話になっている方へ。
お菓子づくりがお好きなあの方へ。
イタリアのお土産♪
っと思って買ってきたカスタニャッチョ。の粉♪
f0126141_1691726.jpg

これこれ栗の粉。
その方も栗の粉でお菓子づくりは初めてとのこと!
よかった♪
よろこんでもらえたと思う。

先日、
このカスタニャッチョを、その方と一緒に作らせてもらった。
日程を合わせてもらって感謝しています!!

お菓子って、私はあまり上手につくることができ・ない・
出来上がったカスタニャッチョ見せてもらいたくて。

材料:
栗の粉とオリーブオイルと塩と水。
あとはレーズンと松の実。

作り方のレシピが書いてあるんだけど、
こんなざっくりなレシピでお菓子ってできるんだろうか?
2人で準備しながら・・・ちょっと心配になる。う~。

ま!やるっきゃない!!
・・・
え~い!ってなカンジで混ぜ始める。
水を加えていくと、
薄茶色だな~という印象だった栗の粉でしたが、
みるみるその色合いはまるでマロンペースト。

"お水はだいぶ少ないけど(レシピにあるより)このくらいにしよう!"
さすが。
お菓子を作り慣れていらっしゃる。

そして、
リンゴやローズマリーノを上にのせて焼くとよい!と書いてある。
青森から紅玉を毎年送ってもらっているというそのリンゴをいただいちゃいました!
f0126141_16131798.jpg

ほんとに何から何までありがとうございます♪


焼き上がり!!
f0126141_16135799.jpg

ステキ。
イタリアのお菓子屋さんにならんでいそうデス!

さつま芋の香り!?な第1印象!
でもやっぱり栗の香りなのよね。

ずっしりと目の詰まった生地。

ほろ苦さは抜群に大人のドルチェ。
(↑アレ!?お土産だったハズなのに一緒にたべちゃってるぢゃん・)

紅玉をのせてもらっているのでほのかな酸味も一緒に味わえる!
なんてステキなんだろう。

一緒につくってくださって♪
ありがとうございました。
ピノ・グリージョとかあの辺りの白ワインを飲みたくなるナ。



そうそう。
イタリアは栗の生産量世界で5本の指に入るとか!!
北の街での秋の風物詩でもある焼き栗やさん。
あんなにたくさん出る理由だったんだ。

他にもあった!あった!
イタリアの栗もの。
f0126141_1617732.jpg

栗の蜂蜜からつくったというグラッパ。
熟成のすすんだペコリーノとかと相性がよくて好きなグラッパ。
f0126141_16183235.jpg

そして、
イタリアってデザインがすてきよね。
[PR]
by ciao-shihomi | 2011-11-22 16:35 | 料理:cucina | Comments(0)

イタリアンなキッチン・ツール

やっと。
冬日和です。

この冷ややかな風を頬にうけると、
また冬が巡ってきたのね!と思いますね。


先月から始まった
ヴェジ☆イタリアンレシピ。

トスーカーナのil pianelloで教えてもらったレシピです。
みなさんに喜んでもらえてとてもうれしいです。

お越しいただいたみなさんには、
体験してもらっている通りです!
イタリアンなキッチンツール。

●メッザルーナ●&●パッサヴェルドゥーラ●

使い心地など、さまざまな意見がでてたのしいです。
ヴェジタリアン・ポルペッテ(お野菜だけでつくるレシピ)の時に使っています。

まず一つ目はメッザルーナ。
メザとかメッザとかいいますが、(メタも言います)"半分"という意味です。
ルーナは英語のluna、"月"です。
メッザルーナ:半月という意味。
野菜をみじん切りするときに使う器具。
f0126141_1530335.jpg

教室で使うときは、まな板の上ににんにくやローズマリーノなどのハーブを乗せて、
この半月の刃がついている弧の部分で、
f0126141_1531124.jpg

左右にゆらゆらゆらすようにしてハーブたちを細かくしていきます。
うちで使っているのは、ハンディータイプのものです。

ボロネーゼを作るときなどに玉ねぎやにんじんセロリなど、
一度にたくさんの野菜を細かくするときには、
こんなハンディーなのでは間に合いません。

なので!
そんな時には、刃の両端に持ち手のついたメッザルーナの親分みたいなのが登場します!
というかホントはこっちが本物!
うちでつかっているのはおもちゃみたいなものです♪

なかなかみなさんハンディータイプのメッザルーナを上手に使いこなすので、
すごいな~と思います。

ある方は、包丁でみじん切りした方がはやいんじゃない!?
とおっしゃっていました。
ごもっとも・・・
包丁とまな板を器用に使いこなす日本人にとってはね。
そうかもしれませんね!

ま、イタリア調理器具体験!

2つ目はパッサヴェルドゥーラ。
f0126141_15321760.jpg

これは料理好きなイタリアの人たちにとっては欠かせないアイテム。
日本在住のイタリア人が、
パッサヴェルドゥーラがないとどうも調子がでない!
どこかで買えないの~!?
と言っていたのを覚えています。

私も初夏のイタリア滞在で探しました!
なかなか気に入ったのがみつからなくて・・・
"ステンレスで使い心地抜群だよ!"
と道具屋さんですすめられても、なんかグッとくるものに出会えなくて。
よくみるとmade in Germanyだったり。
どうしようかな~わざわざ買って帰るのに、ドイツ製を買って帰るのは、ね。

帰国直前、
水汲み場の近くの小さい村パライアで昔売っていたのよ!
とpianelloのおくさんに聞いていってみました。
よろずやのようなお店。
ここかな?
"これならあるけど"とお店のシニョーラ。
う~ん、ちょっと好みとあわないな・・・
他のお店はないかな・・・
車で走るとすぐに通り抜けてしまうような小さい小さい村。
通りすがりの人に"パッサヴェルドゥーラを買いたいのだけど"と聞くと、
さっき行ったお店をみんな教えてくれる。

もうしょうがないかな・・・
いいのがないし諦めよう。
とさみしい気持ちになっちゃって、帰ろうと引き返した時。
"パライア土産"
みたいな看板をかかげたお店を発見!
何十回も車で走っていたのに、
そのとき初めて気付いた。
だめもとで、"パッサヴェルドゥーラありませんか?" 
お土産やさんだし、
そんな台所ものはおいてないですよね、と心の中でつぶやきながらきいてみる。
"ちょっと待ってね。あっちの棚に・・・"と、

もどってきたシニョーラの手にはパッサヴェルドゥーラ!!
しかもオレンジ色!!
奇跡だ~~~!
うちの料理教室CUCINAMICAカラーのオレンジのパッサヴェルドゥーラ!!
f0126141_153702.jpg

私が欲しかったのはこれよーーー!!
思わず私がくるのを待ってくれたんでしょ!!
って言いたくなっちゃいましたよ。

ステキ。
しかもイタリア製。
言うことなしです。

パライア村の西側から入るこの門の下。
すぐ脇にあるお店にて。
f0126141_1544732.jpg

ステキなパッサに出会えました。

あ、
もうイタリアのこと思い出すとついつい長くなってしまう。

話を戻して。
今回のヴェジタリアン・ポルペッテでは、
やわらかくした大豆をこれでミンチ状にしていきます。

グルグルグルグル。
続きはCUCINAMICAへいらしたときに是非体験してください。

10月11月限定のヴェジ☆イタリアンレシピもあと数回になりました。

みなさんに来て頂いて、
パッサヴェルドゥーラもフル回転です♪
[PR]
by ciao-shihomi | 2011-11-21 15:44 | 料理:cucina | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります