ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大きくなりました...

f0126141_493222.jpg

彼も、
彼がうまれた年に庭にやってきた月桃も枇杷も。

大きくなりました。




バースディケーキは、
きゃべつの重ね煮を米粉とおからでつないで、
白味噌をほんのりと加えると驚くほどの甘みが。
そしてしっとりと。

豆腐クリームに少しの黒蜜。

野菜とドライフルーツの甘みで、よろこんでくれます。

あと何年この地味なケーキでよろこんでくれることか・・・

いまのところは、
めでたしめでたし・笑
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-28 04:19 | bella vita!! | Comments(2)

夏野菜がではじめましたね

露地もので夏野菜がだんだんでてきています。
f0126141_16314625.jpg

たっぷりのナスとズッキーニとすこしのトマト。

野菜たっぷりで、
おいしいソースができます。

きょうのうちカフェのパスタに。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-26 16:18 | CUCINAMICA メニュー | Comments(0)

夏野菜がではじめましたね

露地もので夏野菜がだんだんでてきています。
f0126141_1659568.jpg

たっぷりのナスとズッキーニとすこしのトマト。

野菜たっぷりで、
おいしいソースができます。

きょうのうちカフェのパスタに。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-26 16:18 | CUCINAMICA メニュー | Comments(0)

おいしいチーズのはなし

au lait cru
f0126141_10262186.jpg

やっぱりおいしいチーズの決め手はコレ。

au lait cru(無殺菌乳)とはミルクの温度をあげて殺菌処理していないミルク、
のこと。

この"au lait cru"の表示がチーズのパッケージにあると、
殺菌処理していないミルクでつくったチーズということで、
コレはおいしいチーズだぞ!!
ということに、フランスではなる。
チーズを買うときに目安になる表示なんですね。

温度をあげてミルクを殺菌してしまうと、
ミルクの中にいきている微生物が死んでしまうのです。

すると本来のミルクがもっているよさが欠落し、
そのミルクからつくられたチーズは、
当然au lait cruでつくったチーズとは風味が異なってくる。



きのうはチーズをこよなく愛する方々とおはなしできました。
ぎゅっとつまった時間。
どうもありがとうございました。


↑の写真は以前知人がパリで買ってきてくれた、
エポワスが入っていたパッケージ。
ご当地ブルゴーニュや物流の集まるパリへいけば、
au lait cruでつくったエポワスも手に入るんですね。

LIVAROT:リヴァロのau lait cru表示のものもあったあった。
f0126141_10282545.jpg

エポワスとリヴァロのau lait cru、
どちらも知人がパリにいったときのお土産で、
beillevaireで購入したものだそう。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-26 10:36 | チーズ:fromaggi | Comments(0)

小国のもの

先週末は小国へ。
f0126141_857129.jpg

泊まった先の宿のかたから、
"うちの畑でとれた野菜です。。。"
ときれいな野菜たちをおみやげにいただきました。

きのうの夕食に。

こどもたちももりもりたべて。
もの足りなさそう。
f0126141_8581633.jpg

やさしいピンクの色のリゾットは、
赤玉ねぎとじゃがいもと、
いただいたイタリアンパセリ。

こちらもすぐに完食。
ほんとによく野菜をたべてくれるこどもたち。

うれしいな。

そして、
f0126141_91118.jpg

小国で出会った。。。栗の乾物。。。
いい香りなんだなぁ。
やさしい香り。

イタリアでも栗の粉があって、
ドルチェ(カスタニャッチョ)やニョッキに使う。

どうやって扱おうかな。
すっごく楽しみ。

試作するのが待ちどうしい。


10年ぶり近くの久しぶりの小国だったけど、
自給自足している家族のところや、
小国杉の山深くのリトリートセンター、
を訪れることもできたし、
新しい小国に出会えて。

また行きたいと思う。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-25 09:02 | 食材:cibi | Comments(0)

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノヴェルデ

aglio olio pepeloncino verde
f0126141_1551364.jpg

鷹の爪ではなくゆずごしょうで。
胡瓜もではじめたのでフードプロセッサーにかけて、
緑:ヴェルデのカラーを。

紫玉ねぎといんげんをそえて。

きのうゆずごしょうをいただきました。
その方のお母さまのてづくりだそうです。

うれしかったのできょうのうちカフェのパスタに。



7月17日のうちカフェ空いています。
055.gifciao.nakajima@hotmail.co.jp
是非お越しください。


3日以内にメールバックがないときは、
お手数ですがもう一度メールください。
届いていない場合があります。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-19 15:52 | CUCINAMICA メニュー | Comments(0)

フルーツとトマトの前菜

青あおと晴れ渡る空。
リヴィングを吹き抜けていく涼やか風が気持ちよすぎる。
こんな気持ちよい日にお休みでうれしー!!

いただいたびわで明日のうちカフェ前菜の試作。
f0126141_12133479.jpg

合うと思った。
やっぱりおいしー☆

塩とオイルとハーブのチカラを借りて。
明日のうちカフェ前菜に。
[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-04 12:14 | CUCINAMICA メニュー | Comments(0)

2013年5月ワイン&チーズの会

先月の5月は2回にわたって開催しました。
記憶のしおりに。
f0126141_169442.jpg

チーズアイテムは左から
●ST NICOLAS de la DALMERIE
ローヴドガリックのようなタイムやローズマリーを感じるシェーブルです。
サン・ニコラ・ドゥ・ラ・ダルムリー
ピンクペッパーを並べて彩りをだしました。
●CLACBITOU
クラックビトゥーはシャロレと兄弟のような存在のシェーブル。
きめの細かい生地は濃厚に、余韻にやってっきます。
胴体にまかれた藁がトレードマーク。              
高さは2/3サイズにCUTしたものです。


●ETIVAZ
エティヴァ。スイスチーズ。ハードの王道をいっています。
アミノ酸の結晶がおいしさを予感させます。
●APPENZELLER
今回はゴールドラベルです。
シルバーでもおいしけど、
やっぱり格の違いをハードの極み感じます。  

                    
●MUNSTER CUMIN
マンステールとクミンの相性。ゆるぎないです。
ウォッシュにしてはやさしい印象のマンステールですが、
このクミンで格段に変わります。

写真外で、
●TETE de MOINE
●うらけん牧場のチーズ
→こちら

シェーブル2種
f0126141_16104854.jpg

シェーブルには白と・・・といいます、けど。
けど。
私は赤と合わせるのって華やかだとおもいます。
濃厚なシェーブルには濃厚な赤。
ワインの果実味からすこし甘みを感じる(甘口ではない)ランブルスコなども。
おすすめのアッビナメントです。

いやもちろん白もステキです。
初夏のお昼なんかには白で合わせたいところです。


これはここ数年はまっています。
シェーブルと日本酒。
菊美人酒造さんのカスミハジメテタナビクと好相性。

うっとりできます。。。

カスミハジメテタナビク。
今年うちでは最後の1本でした。
来年のカスミハジメテタナビクを待ち望みながら。



ハード2種
f0126141_1614162.jpg



ウォッシュ1種
f0126141_16144938.jpg

[PR]
by ciao-shihomi | 2013-06-03 16:19 | イベント情報:festa!! | Comments(2)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります