ブログトップ

CUCINAMICA:クチナミカ ~イタリア料理とワインとチーズの教室~

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ソーファビュラスな時間 イタリアワイン阿部

ウエスト・サイド・トーキョー。
水辺の木々の葉の落ちた繊細な枝たちが冬の空に向かって線を描く。
公園のほとり。

f0126141_13302366.jpg
Osteria Kaiの甲斐さんが教えてくださったイタリアワイン阿部。
やっと行ってこれました。


高校時代のやんちゃな思い出満載な吉祥寺で電車をおり、
公園出口の階段を下りていくと、
心くすぐる街並み。


変わらない部分、変わってしまった部分。
20年超えに降り立った場所。
ウキウキドキドキわっクワクのこころを隠せぬまま、
約束していた友人と再会。


ふたりで井の頭公園をとぷとぷ進む。

公園のほとりで、
ここかな~、、、
っと地図に落としていた目を上げると、
あ、阿部さん!?

初対面なのにもう勝手に何度もあったような気がしてしまう。
(勝手いってすみません)


たまたまお店の外にいた阿部さんと。


(わ~、ほんとに来れた!!)
わずかに緊張しながらまっしろな空間へ入っていく。


大きなテーブルとそこにならべられた椅子たち。
ここでは、
このテーブルを囲んで人々が会話を弾ませる。
カフェ的でもあり、家族的でもあり、
わたしにとってはイタリア的なテーブル。
あんなテーブルが好き。


すごい早い時間だったけど、
時をおかず、
ダンディズム感たっぷり、かつややマフィオーゾな面持ちのかっちょよい紳士。

アペリティーヴォがてらいらして、
阿部さんと会話を交わし、
また夜からの仕事に向かわれる。



ほどなくしていらしたマダム。
ワインだけでなく、
イタリア食材も扱うイタリアワイン阿部であるからこそのご来店なのかも。


週末のご自宅でのパーティーのおもてなしのpiattiを、
と、阿部さんにご相談に。

ワインを楽しむだけでなく、
ここに集まる人々との会話に時間を忘れてしまう。


阿部さんのリズミカルなワイン談義。
楽しませ上手だな。
ほんとにこころから素敵なソムリエだな、と感じる。


いただいたワインたちは、
●ロアッツォーロのシャルドネスプマンテ
●え!?ラグレイン!?な華やかなラグレイン
●だいだい大好きなドルチェット。。。ドルチェットのコローレ大好き

f0126141_13160782.jpg

次はどれをいただこうかな~と、
リストに目をやっていると。


福岡からわざわざ来てくださったのに丸腰なワインはだせねーッ!!
とおしゃってくださって、
(いえいえ全部素敵なワインです!
 かつ阿部さんのトークがその素敵度をてんこ盛りにして下さるので、
 ワインがキラキラするからほんと魔法みたい☆)


なかじまさん。
ドルチェットとネッビオーロどっちがいいですか♪


阿部さんのおっしゃる大技なドルチェットもめっちゃ気になったのですが、


ネッビでお願いします。


セラーから持ってきてくださったボトルに、CAREMA、の文字。


カ、カレーマですかい!?
(ボトルでたのんでないですけど、、、い、いいんでしょうか!?)

f0126141_13163619.jpg
グラスに佇んだカレーマ。
エッジのオレンジにカレーマのぶどう畑の斜面をてらす夕陽を感じ、
しばらく見つめつづけてしまう。



は~。
うつくしい。。。


とひたっているところへ、2007です。
と阿部さん。


ですよね。ですよね!
と心の中で唱える。

飲む前からひたりまくりなカンジ。


inizio、
すこし
還元香、、、の奥に土壌の朴訥な香りが心地よく懐かしい。
1スワリングで、
凛と咲くうつくしいフォルムの一輪の真紅のバラが脳裏にひらめく。
派手さはなく、飾ることもなく、己の満足感にみたされたかのような自信。
わたしはわたし。
っと言っているような気がした。

バラの香りからすこしひらいてくると、
次にやってくるのは甘やかでやさしいあたたかみのある香り。
おばあちゃんがつくってくれるような赤い果実のジャムみたい。


10分くらいひたりまくりでなかなか飲めなかったぁ。
素敵なワインってひたっていると時間がすぎていくのも忘れてしまう。


口にふくむと。

液体ではない感触。
舌の上で肌と液体が一体化する感じ。
異物感がない。
なめらかな質感。


阿部さんがおだしのようですよね、って。
よい和食やのおだしって、
確かに!
まろやかで包み込んでくれる優しさに似ている。


このワインの味わいにはやわらかな甘みのようなものさえ感じるが、
invece、
このワインのとても興味深いかたちの酸味には、ハっとさせられておもしろい。


は~。
このワインの余韻は長いです。
阿部さんの渾身の追熟のきわみ、なのだろう。。。

阿部さんのところからもうもう1週間も経つのに。。。

まだまだひたれます。

とっても刺激的で、
ワインを愛でるかけがえない時間でした。


イタリアワイン阿部で、
イタリアワインの深淵にどっぷりな、
そして心地よくこの深淵につかっていたい♪
そんな2016年の幕開けとなりました。 


男気あふれる阿部さん。
阿部さんのトークでワインにさらに息を吹き込む。
おおもてなんだろうな~。。。


また行きたいッ☆

阿部さんのpiattiにも興味しんしん。
また伺いたいッ☆


阿部さんありがとうございました!!



f0126141_13454791.jpg
左:カレーマのグラス
右:ドルチェットのグラス

イタリアワインと食材阿部
〒181-0001
東京都三鷹市井の頭3-31-1 井の頭レジデンス一階
TEL/FAX 0422(29)9106



[PR]
by ciao-shihomi | 2016-01-13 15:26 | リストランテ:ristrante!! | Comments(0)

茸のラグーをピエモンテーゼに

きょうのお客さまのリクエストで、
ピエモンテ州のランゲ・ネッビオーロを。

f0126141_14572128.jpg
うちカフェでも人気menuの茸のラグーに、
自家製アンチョビを加えてピエモンテーゼにアレンジしました。

f0126141_15050550.jpg
そして、
途中からはノーチェ・ディ・モスカートを削りかける。

この季節にたまらなくあたたまる一皿です。

f0126141_14582221.jpg
1月はうちカフェ、
CUCINAMICAのお料理のレッスンともに、
受付は終了しました。

いつもみなさんにお越しいただいてうれしいです♪


2月はまだポツポツ空きがございますので、
お時間みつけて遊びにいらしてくださーい☆


2016年もはりきってまいりまーす!
のでどうぞ末永くお付き合いくださいませ。


ご予約はメールにて受け付けております。
055.gifciao.shihomi@gmail.com
3日以内にメールバックがないときは、
お手数ですがもう一度メールください。




●自宅でのお料理教室のご案内●
イタリア料理とワインとチーズの教室~CUCINAMICA~

お料理とワインとチーズ 5000円
お料理とワイン     4500円
お料理とチーズ     4000円
お料理のみ       3500円
ワインとチーズ     3000円
材料費・リチェッタ・消費税込みです。


初めていらっしゃる方はこちらをご覧になってください。

→CUCINAMICAについて












[PR]
by ciao-shihomi | 2016-01-13 15:08 | 料理:cucina | Comments(0)

2017年よりしばらくCUCINAMICAお料理教室をお休みします そのあいだ島の暮らしを綴ります